憲法9条にノーベル平和賞を

For English http://npp4a9.blogspot.jp   【ネット署名】 詳細一覧はこちらをクリック!

① 世界各国に平和憲法を広めるために、日本国憲法、特に第9条、を保持している日本国民にノーベル平和賞を授与してください。   ➔ http://chn.ge/1bNX7Hb

 世界各国リーダー宛: いかなる理由があろうとも戦争はしないでください。話し合いで平和的に解決してください。 仲裁に努めてください。
➔ https://www.change.org/p/no-war-1

 「国連・平和への権利」要請署名 ➔ https://www.change.org/p/right-to-peace

④ 4野党宛:憲法違反の「安保法制」廃止・安倍政権退陣のため、 衆議院小選挙区での選挙協力への要望書
➔ https://www.change.org/p/be-united-in-good 

 神奈川県でも野党統一候補を:憲法違反の「安保法制」廃止・安倍政権退陣のため、 衆議院小選挙区での選挙協力への要望書 
 https://www.change.org/p/one-kanagawa  署名用紙はこちらからダウンロードできます。

2015年2月19日木曜日

「今年こそノーベル平和賞を!平和憲法を守り、活かし、広めよう」 


『アピール』

“暴力的平和主義にストップ! 日本国憲法が掲げる“非暴力的平和主義を日本に、世界に!

日本国憲法は前文からはじまり 特に第9条により徹底した戦争の放棄を定めた国際平和主義の憲法です。第9条は、戦後日本が戦争をできないように日本国政府に歯止めをかける大切な働きをしています。過去、日本の侵略に苦しんだ諸国からは、戦争の放棄を掲げた憲法9条の存在が、日本への信頼の基となっています。

しかし、今、この日本国憲法が改憲の危機にさらされています。
安倍政権は武器輸出三原則の撤廃、特定秘密保護法の制定、集団的自衛権行使容認の閣議決定などを行い、集団的自衛権行使に向け法制化を進めようとしています。
2015210日、閣議決定した「開発協力大綱」は他国軍への支援を広範に行うことで、さらに国際間の緊張を高めるものになります。非軍事目的と称していますが、外国軍への支援が非軍事の範囲とは明らかに矛盾しています。また、敵対国が反発した場合は直接戦闘に発展します。
この時、これまで70年の長きにわたって戦死者を出さず、世界の国から高い信頼を受けてきた平和国家日本の信頼はついえてしまいます。

日本国憲法前文には、日本国民だけでなく、全世界の国民に平和的生存権を確認し、政府による戦争を許さず、そして、力ではなく国の枠を超えた人間同士の信頼や友愛に基づいて平和を守るという非暴力による平和主義の柱を掲げています。そして具体的に憲法9条で「戦争の放棄」や「戦力の不保持」を定めています。

私たちは、世界中に蔓延る暴力的平和主義にストップをかけ、日本国憲法が掲げる本来の非暴力的平和主義に基づき、日本と世界の恒久平和を実現しなければいけません。

徹底した非暴力平和主義を掲げる日本国憲法、特に憲法9条は世界平和実現の希望です。

憲法9条の素晴らしさを共有し、守り、活かし、世界に広めるために、思想、政党、宗教などのあらゆる違いを超えて9条を守る事で一致団結し、共に力を合わせていきましょう。


「憲法9条にノーベル平和賞を」実行委員会

今年こそノーベル平和賞を!平和憲法を守り、活かし、広めよう

2015212日(木)  衆議院第一議員会館 地下1階 「大会議室」


2015年2月11日水曜日

2015年度も「日本国民」として取組みをすすめる意味

English translation ⇒ Click HERE

1:戦争しない憲法9条を70年近く保持しているのは「日本国民」

 私たちは、世界に先駆け、徹底した戦争の放棄を定めた憲法9条を戦後70年近く保持しているという事実だけでも十分に素晴らしい事であると考えています。そして、意見が分かれ、激しい攻防を繰り返しながらも、戦争しない憲法9条を保持しているのは、一部の国民ではなく、「日本国民」です。「日本国民」を一つの団体としてとらえました。


2:1人1人が主権者として、自分のこととして 

 日本国憲法はすべての国民の憲法です。「日本国民」1人ひとりがノーベル平和賞候補になる事により、主権者として、当事者として、憲法9条に向き合い、学び、考え、語り合っていきたいと考えました。さらには9条の理想を実現していくために、それぞれができる一歩を踏み出していくことを願っています。


3:受賞対象を特定の護憲の人や団体に絞らない

 私たちは、戦中戦後、自主的に戦争の悲惨さと平和の大切さを語り継いできてくださった名もなき多くの人々に光が当たってほしいと願っています。また、憲法9条を守ろうと、たくさんの人やたくさんの団体がそれぞれ日々努力し活動していることを知っています。そのため、あえて、特定の人や団体を候補に絞らないと決めました。


4考え方の違いはあってもみんな平和を実現するために共に歩むかけがえのない大切な仲間です。

 武力を必要とし、改憲を主張する人たちも、心の中で戦争のない世界であってほしいと願っているのは同じだと信じています。時に改憲を主張する人たちの投げかけは、9条の理想を現実のものとするために克服すべき課題を浮き彫りにしてくれると考えます。だからこそ、いろんな考え方の人を含めた「日本国民」みんなが平和を実現するために共に悩み、共に歩んでいるかけがえのない大切な仲間だと思っています。


5 9条に光が当たることを願って

 主権者である「日本国民」の運動の盛り上がりが9条関連のすべての候補を応援することになると考えます。今年度、「日本国民」以外の、9条に関連する人や団体が多く推薦されたことを心より喜び、応援しています。だれが受賞するかは問題ではなく、私たちは、9条が世界に知れ渡り、9条に光が当たることを願っています。


6:「日本国民」は前年度の正式なノーベル平和賞候補として登録されています。

 20144月、「日本国民」の推薦に対してノーベル委員会より、推薦が有効な場合に送られる受理通知を受け取っています。 ノーベル委員会は、「日本国民」を団体として認め、ノーベル平和賞候補とてくださっています。20149月には、ノーベル委員会から、2015年度の推薦についての招待状が届いています。


2015-2-10
「憲法9条にノーベル平和賞を」実行委員会

●日本語版ネット署名 ⇒ http://chn.ge/1bNX7Hb
●英語版ネット署名  ⇒ http://chn.ge/1bU0pay
●韓国語版ネット署名 ⇒ http://chn.ge/SX9NHa
●中国語版ネット署名 ⇒ http://chn.ge/1kRuUIJ

*署名は通算で累積していきます。1人一回です。どうか既にご署名くださった方は、ぜひぜひ 周りの方に署名の呼びかけをお願いいたします!世界中に憲法9条の素晴らしさを広めていきましょう!



2015年2月1日日曜日

世界各国に平和憲法を広めるために、どうか、この尊い平和主義の日本国憲法、特に第9条、を今まで保持している日本国民にノーベル平和賞を授与してください。

ノーベル委員会御中

貴委員会が世界に果たす人類進歩への貢献について、こころから敬意と感謝の意を表します。

「世界各国に平和憲法をひめるため、日本国憲法、特に9条を保持している日本国民にノーベル平和賞を授与してください」 の要請文と世界の平和を願う声として去年から寄せられております賛同署名数  書面411,811筆、ネット署名75,216筆 合計通算487,027筆です。
推薦状の補足資料としてどうかお受け取りの程お願い申し上げます。
----------------------------------------------------------------------------------------------

【署名要請文】世界各国に平和憲法を広めるために、どうか、この尊い平和主義の日本国憲法、特に第9条、を今まで保持している日本国民にノーベル平和賞を授与してください。
ノルウェー・ノーベル委員会 御中
 日本国憲法は前文からはじまり 特に第9条により 徹底した戦争の放棄を定めた国際平和主義の憲法です。特に 第9条は、戦後、日本国が戦争をできないように日本国政府に歯止めをかける大切な働きをしています。そして、この日本国憲法第9条の存在は、日本のみならず、世界平和実現の希望です。しかし、今、この日本国憲法が改憲の危機にさらされています。
  世界各国に平和憲法を広めるために、どうか、この尊い平和主義の日本国憲法、特に第9条、を今まで保持している日本国民にノーベル平和賞を授与してください。
To: The Norwegian Nobel Committee : Dear Mr.Thorbjorn Jagland Chair of the Nobel Committee
   The Japanese Constitution is a pacifist constitution that stipulates renunciation of war in its preamble and notably Article 9. Article 9 in particular has been playing an important role since the end of WWII in preventing the Japanese government from waging war. Article 9 has become the hope of those who aspire for peace in Japan and the world. However, the Japanese Constitution is currently under the threat of being revised. 
 To spread a peace constitution in all the countries of the world, we request that the Nobel Peace Prize be given to the Japanese citizens who have continued maintaining this pacifist constitution, Article 9 in particular, up until present. 
賛同署名数  書面 411,811筆、ネット署名 75,216筆      合計通算 487,027

「憲法9条にノーベル平和賞を」実行委員会 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


憲法9条は、戦争の惨禍の果て、測り知れない犠牲の上に生み出された尊い宝です。

日本国民は、積極的に憲法を活かすまでには至っていないかもしれません。
しかし、世界中が武器を片手に戦力で物事を推し進めようとする圧力の中で、世界中の人の幸せと平和を願い、戦争への反省から、自ら率先して戦争の放棄、武力の不保持を定めた憲法を、戦後70年近くの間保持してきました。このことによる世界の平和と安定への貢献は計り知れないほど大きいと言えるのではないでしょうか。

もちろん、日本国民全員が現憲法に賛成しているわけではありません。しかし、今現在も、この時も、国民投票により憲法を変えてはいません。これはひとえに、戦後、戦争への反省と平和への願いを込めて、大勢の方々が戦争の悲惨さと愚かさを語り継ぎ、祈りを込めて受け継がれてきた平和への願いがまだなお深く息づいているからだと思います。

2014年7月1日には集団的自衛権行使容認の閣議決定がなされましたが、私たちは主権者として、集団的自衛権行使の容認は憲法前文の平和主義に反し、そしてその具現化である憲法9条に反し、また、国民投票によらない解釈改憲は憲法96条違反であり、憲法9条は何ら変わっていないと考えます(憲法違反の閣議決定は無効)。

2014年12月の衆院選挙では与党が3分の2の票を得ましたが、経済問題が大きな争点であったことや選挙時期、小選挙区制の問題などから、この結果が集団的自衛権の行使容認ひいては、憲法9条の解釈変更の賛否をあらわすものでないことは明らかと考えます。そもそも、憲法解釈は論理的に確定されるものであって、国政選挙の結果に何ら左右されるものではありません。

憲法は危機に直面しておりますが、今だ憲法は変わっておりません。
改憲の危機にさらされ、国民の平和と人権、自由が脅かされている今こそ、このかけがえのない憲法9条を守り、生かし、世界に広めるために、ノーベル平和賞の授与を願い、この取組を進めています。ただし、ノーベル平和賞は個人か団体に贈られるもので憲法は対象ではありませんので、「憲法9条を保持している日本国民」として取り組んでいます。
そして、受賞に向けて、「世界の平和を願い戦争しないことは良い事であり、守り、広めていこう!!」という価値観の共有自体にも、意味があるのではないでしょうか。

御ノーベル委員会が、「日本国民」として推薦の受理をしてくださったことから、憲法9条が注目され、9条に関心を持つ人が増えました。
また、「日本国民」という枠組みのため、主権者として、国民一人一人が憲法9条、ひいては戦争と平和の問題を自分の問題としてうけとめ、考え、語り合い、行動をおこしていく契機となり、国内、アジア、世界に向けて連携と連帯の和が広がっていることに、大きな意義を感じています。

 全く同趣旨による「ノーベル平和賞」推薦書が届いていると思いますが、この署名はそれらの推薦書を補足するものです。従って、これが貴重に扱われ私たちの願いが叶えられることを切望します。

また、「一人の推薦人が複数の候補を推薦できる」とご連絡を下さりありがとうございました。推薦人の先生方にお伝えし、憲法9条に関して、保持している「日本国民」と、他にもふさわしいと思われる個人や団体を複数推薦された先生もいらっしゃいました。

徹底して戦争の放棄を掲げる憲法9条への関心の広がりと、また共同受賞も含めて受賞の可能性が高まる事を願っております。

最後に、貴委員会の皆様のご健康とご活躍を祈念します。

「憲法9条にノーベル平和賞を」実行委員会 
2015年2月1日

To spread a peace constitution in all the countries of the world, we request that the Nobel Peace Prize be given to the Japanese citizens who have continued maintaining this pacifist constitution, Article 9 in particular, up until present.


Dear, Committee members of the Nobel Prize,

We express our sincere respect and gratitude for your effort and contribution for the progress of the human societies in the world.

We humbly request, to spread a pacifist constitution in all the countries of the world, please award the Nobel Peace Prize to the Japanese citizens who have continued maintaining this pacifist constitution, Article 9 in particular, up until present. 

We herewith attached the supporting signatures and comments from all the people in the world who urge for the peace.
These signatures are sent to us from last year ,and the total of 487,027 in numbers; total 411,811 signatures signed on papers, and total 75,216 signatures by internet.

We ask you to accept these signatures and comments as a supporting document for the letters of nomination. 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Petition: To spread a peace constitution in all the countries of the world, we request that the Nobel Peace Prize be given to the Japanese citizens who have continued maintaining this pacifist constitution, Article 9 in particular, up until present.
To Mr. Thorbjorn Jagland Chair of the Nobel Committee and the Norwegian Nobel Committee members.
  The Japanese Constitution is a pacifist constitution that stipulates renunciation of war in its preamble and notably Article 9. Article 9 in particular has been playing an important role since the end of WWII in preventing the Japanese government from waging war. Article 9 has become the hope of those who aspire for peace in Japan and the world. However, the Japanese Constitution is currently under the threat of being revised. 
 To spread a peace constitution in all the countries of the world, we request that the Nobel Peace Prize be given to the Japanese citizens who have continued maintaining this pacifist constitution, Article 9 in particular, up until present. 


Total of 487,027 in numbers; total 411,811 signatures signed on papers, and total 75,216 signatures by internet.

Executive Committee for “The Nobel Peace Prize for Article 9 of the Japanese Constitution”

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Article 9 of the Constitution is a treasure that was created upon unimaginable sacrifices from war.


Japanese citizens may not yet be actively utilizing the Constitution.  However, despite the current pressure worldwide to use weapons as a means to advance one’s position, based on the regrets from World War II, we have maintained a Constitution that voluntarily abandoned war and the possession of weapons for over 70 years. We believe that this has immensely contributed to world peace and stability.  Of course, not all Japanese citizens are in favor of the current Constitution.  However, even now, the Constitution has not been changed through a national vote.  It can be said that this is purely because, with a hope for peace based on the regrets from the war, many people desire to pass on the cruelties of war, and that the deep desire for peace still exists in the minds of many people.  

On July 1 of last year, there was a decision in the Cabinet to approve the right of collective self-defense.  However, we, as sovereigns, believe that recognizing the use of the right of collective self-defense is contradictory to the pacifist ideals of the preamble to the Constitution.  Additionally, a revised interpretation to the Constitution without a national vote is a violation of Article 96 of the Constitution.  We thus believe that Article 9 of the Constitution remains unchanged (i.e. that the Cabinet decision is a violation of the Constitution and thus void). 
Although the ruling parties received a 2/3 vote in favor in the House of Representatives in December of 2014, because a large discussion point was an issue with the economy, and also based on problems with the voting system at the time, this result cannot be a clear indication of a vote in favor of a constitutional revision.  Originally, constitutional interpretation is determined on logic, and it is not something that can be swayed by a congressional vote.

The Constitution is facing a crisis, but the Constitution itself has not changed.


Also, because we are now facing the danger of a constitutional revision and the citizens’ peace, human rights, and freedom are also in danger, we must protect this invaluable Article 9.  To this end, we are moving forward with actions to ask that the Nobel Peace Prize be awarded to Article 9 so that its ideals can be spread worldwide. However, because the Nobel Peace Prize is only awarded to persons and organizations, we are acting under the group “the Japanese citizens who have continued maintaining the pacifist constitution, Article 9 in particular, up until present.”

And, by moving toward a Peace Prize nomination, it is believed that there is meaning to the common vision that “a desire for a world without war is a good thing and should be protected and discussed!”
We appreciate the fact that, because the Nobel Prize Committee accepted the nomination of “Japanese Citizens”, Article 9 of the Constitution has received attention and people interested in Article 9 have increased.

Additionally, we believe that there is an important meaning in the fact that because of the format of “Japanese citizens” as sovereigns, each citizen accepts that the problem of Article 9 and war and peace is their own, and becomes an impetus to think, discuss, and act, and that the connection expands not only nationally but throughout Asia and even worldwide.
While it is believed that letters of nomination of the same intent have been sent already, but these signatures are intended to support these nominations.  Thus, we desire that you accept our hopes regarding these nominations.

Additionally, we appreciate the notice that “it is possible for one nominator recommend multiple candidates.”  We have informed the nominators that, and some nominators used their discretion in nominating additional individuals and entities that they believe are worthy of nomination in relation to Article 9, in addition to “Japanese citizens”.
We hope for widespread interest in Article 9 that abandons war, and hope that the possibility of winning the prize increases through multiple nominees.


Finally, we pray for the health and prosperity of the individuals of The Norwegian Nobel Committee.


Executive Committee for “The Nobel Peace Prize for Article 9 of the Japanese Constitution”
1 of Feb, 2015