2020年1月22日水曜日

超おすすめ★憲法ボードゲーム by あすわか弁護士会

憲法ボードゲーム、日本中に理不尽なことが起こるので、参加者みんなで協力して憲法バリアを張って日本を救うゲームです。とっても面白くて、チームみんなで協力しながら、憲法のありがたさも実感できる楽しいゲームです。ふりかかってくる理不尽な内容も、「戦争中はこういうことあったよね。嫌だよね。」など他人事とは言えないような内容にドキッ。憲法で取り決めてあることがどれほどありがたいかつくづく実感できます。
家族みんなであそべる楽しいゲームです。

1セット4180円(税込み)+520円(送料)「あすわか大阪」のホームページから購入できます。

2020年1月3日金曜日

平和フォーラムで、日本側の事務局を務めてくださった「希望連帯」さんお薦めの一冊!

『写真集キャンドル革命——政権交代を生んだ韓国の市民民主主義』
(キム・イェスル〈著〉ほか)(コモンズ)(本体価格3,500円+税(予価))

韓国・市民革命の真髄を伝える写真・記録集です。
 キャンドル革命は、独立運動から繰り返されてきた100 万人規模の大衆闘争の教訓を生かし、政権交替と政策転換を実現させた初めての「非暴力無血市民革命」です。 大財閥中心経済から人びとの命と暮らしを守る社会的連帯経済への転換や、人権尊重を基本とした政策を進めるためのいわば哲学が、本書の随所で述べられています。
 日本のマスメディアではほとんど報道されない韓国の市民活動について知り、私たち日本の市民も立ち上がり、仲間を広げていきましょう!
※(1/20ごろから、書店に並ぶ予定です)

日韓平和フォーラムに参加して③

【羽生田友貴】
 
 今回、一番印象的だったのは、南京民間抗日戦争博物館館長の呉先斌さんの発言でした。2年前のフォーラムの時よりも厳しい口調で「歴史を忘れてはならない」ということをおっしゃっていました。この間の日本政府の韓国への対応は、中国の方の胸も痛めているのだと感じました。
「これは当時の日本軍のことを怒っているのであって、今の日本人のことを言っているのではない」という言葉に、少し胸をなでおろしつつも、その心遣いにいつまでも甘えている訳にもいかず、現時点では日本の主権は私たち日本国民にあり、日本の国家権力の暴走は市民がストップさせなければならないことを肝に銘じました。
過ちを繰り返さないために歴史を学ぶと同時に、一人ひとりが大切にされる社会を実現していくために、キャンドル革命に結実した韓国の民主化の流れにしっかりと学びたい!と、自分自身の課題を見つけたフォーラムとなりました。

2020年1月2日木曜日

日韓平和フォーラムに参加して②





【竹内康代】


 韓国春川の翰林聖心大学で開かれた北東アジアの平和共存に向けた日韓平和フォーラムに参加させていただきました。キム・ヒョンソク氏(延生大学名誉教授)と前広島市長の秋葉忠利氏の基調講演のあとソン・ギョリン氏(翰林聖心大学教授)、イ・スフン氏(前駐日大使)、小森陽一氏(東京大学名誉教授、九条の会事務局長)、糸数慶子氏(前参議院議員)の4名の方々の談話がありました。市民の方々と共に活動して、平和にむけてみんなで行動する必要性を話してくださいました。
 おいしい大学の食堂でお昼をいただいたあと、8分科会に分かれました。私たち3人は第8分科会に出ました。DMZをユネスコ文化遺産に登録しよう、平和憲法を守って協力しようと話し合いました。平和は市民が協力しあって求めていかないと遠くへ行ってしまうものなのでしょう。素晴らしい話を伺って、本当に感動しました。とても元気をいただいた気がします。市民の平和運動が共に協力していくことが本当に必要だと思うのです。韓国は日本のお隣の国ですが、今はお互いを遠くに感じている人も少なくないと思うので、だれかさんの思惑で、そうなってしまっているのかも・・・。日本もきちんと歴史を学び、お互いを理解するように努力して平和へ向かっていきましょう。韓国を中心に日本と中国と協力して平和をつくっていきましょう。

2020年1月1日水曜日

日韓平和フォーラムに参加して①


【石垣義昭】

 12月5日から7日まで韓国の江原道春川で開かれた日韓平和フォーラムに実行委員会から竹内康代、羽生田友貴、と私が参加しました。最も印象的だったことはキャンドル革命(2016年)と言われる市民のデモによって朴槿恵政権が弾劾され(2017年)、新しく生まれた文在寅大統領の下で市民目線の国づくりが進んでいたことです。私たちが接したのはほんの一部分に過ぎません。しかしそこには日韓の対立を煽る日本政府や一部の情報誌とは全く異なる穏やかな市民の姿がありました。地下鉄のアナウンスや乗降する人々のしぐさや表情、夕食に入った大衆食堂(ソウル)での触れ合い、街角の焼き栗屋のおじさんとの会話にも平穏な韓国の今を実感しました。
 さて、日韓平和フォーラムは日本からの参加者132名の数が示すようにかつてない盛大なものになりました。落合正行氏の文章(p.4)で触れているように春川の翰林聖心大学の尹載善教授の今までの積み重ねが今回、まさに花開くものになったのでした。それを可能にしたのが「希望連帯」を束ねる白石孝氏との出会いにあったことが今回参加して分かりました。終始このお二人の司会で進行しましたが、地道な実績を持つ参加者の顔ぶれ、8分科会の各テーマもよく練られたものでした。
 少ない紙面で十分に伝えることはできませんが、第1分科会、日韓地方政府間の交流について、第2分科会、日韓市民社会の交流について、第3分科会、日韓市民社会における福祉交流について(学校給食と有機農業について)、第4分科会、東アジアの平和共存(地政学から地経学へ)、第5分科会、日韓交流のためのマスコミの役割、第6分科会、日韓の原子力協力について(福島原発の教訓)、第7分科会、日韓安保分野の討論(徴兵制と募兵制)、第8分科会、韓(DMZ)のユネスコ文化遺産の登録・日(平和憲法)擁護のための協力について、となっていました。各分科会にはそれぞれの専門家が日韓双方から4〜5名の発表者が配置され、さらに討論者として市民運動家が数名配置されていました。前広島市長の秋葉忠利氏や市民運動を代表する高田健氏、小森陽一氏、沖縄問題を闘う糸数慶子氏、前泊博盛氏、宇都宮健児氏などなど。韓国側からの参加者もほぼ同数いました。多くの学生たちのボランティアに支えられていました。
 私たち実行委員会の3人は第8分科会に参加しました。発表者は五十嵐敬喜氏(法政大名誉教授)とキム・ジェハン氏(翰林大学教授)で、菱山南帆子氏(「許すな!憲法改悪・市民連絡会」事務局次長)と私は日本側、韓国から3名が討論者で発言しました。私は2014年に「憲法9条にノーベル平和賞を」の運動で「第10回DMZ平和賞特別賞」を頂いたこと、その時韓国はセウォル号の事故に沈んでいたこと、そして泊めて頂いたDMZ平和村で聞いた韓国軍の実弾演習などから北朝鮮との緊張関係に驚いたことに触れました。最後に先日来日したローマ教皇の言葉「あなたのうちに平和があるように」がユネスコ憲章の前文「戦争は人の心の中で生れるものであるから、人の心の中に平和のとりでを築かなければならない。」と同じであることの大切さで私の発言の結びとしました。

注)DMZ (Demilitarized Zone=DMZ) : 韓国と北朝鮮の停戦ラインに沿って設けられた非武装地帯。軍事的衝突を避けるため南北双方に2キロ、合計幅4キロ、長さ248キロにわたって設けられた立入禁止区域は停戦後70年を経て、様々な自然の保護区となっている。

2019年12月25日水曜日

〜映画『沖縄スパイ戦史』上映会〜

映画「沖縄スパイ戦史」を観る会に当実行委員会も加わり、8月28日(水)に上映会を行ない、3回上映で561人の方に観ていただくことができました。この映画は、沖縄戦においてこれまで語られなかった陸軍中野学校の「秘密戦」について、貴重な証言と資料をもとに描き出されていて、軍隊は自国民を守るどころか利用し、疑い、殺害するということ、住民同士もお互いを死に追いやっていったこと、そしてそれは日本軍の戦闘方針の産物であったこと、更に、その体質は、今現在の自衛隊の行動規範に連なっていることがわかるものです。
実行委員会ニュースNo.20を発行した後に、石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会会員の方から、「(沖縄については辺野古のことだけでなく)南西諸島自衛隊配備についても取り上げてください」とご連絡をいただきました。沖縄戦を忘れ去り、「自衛のため」という言葉に誤魔化され、ものすごい勢いで島々が要塞化されていることを見過ごすわけにはいきませんね。
みなさんもぜひ、「緊急!石垣島にミサイル基地はいらない! 南の楽園を守るため配備の中止を求めます!」のネット署名で意思表明をしてください。http://bit.do/fmFRi 
また、同じ過ちを繰り返すことがないよう、戦争の実態を知るために、映画『スパイ戦史』の市民上映会を行なうこともご提案します。「お国のために」誰かを犠牲にするのではなく、「一人ひとりを大切にする」世界をみんなで創っていきましょう。(羽生田友貴)
【お問い合わせ・申込み】合同会社 東風 http://www.tongpoo-films.jp/ 
E-mail. info@tongpoo-films.jp TEL. 03-5919-1542 (平日11時〜18時) 

中村哲さんの死を悼む



    石 垣 義 昭


中村哲さんはアフガニスタンの極めて複雑な政治的情勢の下にあって、命の危険に身をさらしながら用水路の建設に取り組んできた。ペシャワール会のメンバーの一人、伊藤和也さんが武装集団に殺害された時(2008年)、日本人スタッフをすべて帰し、仲間を失った痛恨の哀しみを胸に自分一人残ってアフガンの人と力を合わせてきた。その中村哲さんが銃弾に倒れた。
佐高信氏は中村哲さんを悼む文章の冒頭で「日本国憲法が撃たれた」の見出しを掲げ、次のように書いている。
《中村さんはいつも、自衛隊派遣が自分たちの活動を邪魔していると言っていた。アフガニスタンで井戸を掘り、用水路を拓くことで築いた信頼関係が、自衛隊の派遣で崩されるからだ。私は、そんな中村さんを、「歩く日本国憲法」と言っていた。平和憲法の下でこそ、日本人であることが安全保障になるからだ。その日本国憲法が撃たれた今、なおさら「平和憲法」が必要だと強く思う。》
この指摘は核心をついている。医者としてアフガニスタンに渡った(1984年)中村哲さんは、干ばつに苦しむ人びとを目の当たりにした。そして、医者以上に水を必要としている人びとの現実を知った。そこでは井戸を掘ることが急務だった。しかし、アフガニスタンの干ばつの激しさは、千数百の井戸を掘っても追いつかない厳しいものだった。そこで、雪解け水が豊富に流れる川の水を誘導する、用水路を拓くことを思いつく。しかし、これも一筋縄ではいかない難事業だった。
投入する石が流されてしまう失敗を、幾度も重ねながらアフガンの人々との共同の作業が続いた。故郷の人が築いた昔の堤防の技術に学び、現地の人の石積みの技術を生かし、彼の志を後押しするペシャワール会に支えられて、用水路を少しずつ延ばしていった。用水路のそばには、街路樹が育ち、その周りに緑の大地が生まれた。農作業が可能になった。その大地に、干ばつに追われた農民たちが徐々に帰ってきた。3年前のNHKの報道でその数は65万人と聞いた。
アフガンの大地に再び畑が作られ、人々の暮らしが再建され始めたのだ。学校が作られ、イスラムの教会(モスク)が作られた。人々の心をつなぐ中村哲さんの努力は確実に実を結んでいった。そのリアルタイムの映像と経過を帰国する度に日本の各地で報告した。集まった人たちに支援を訴え、ペシャワール会へのカンパを募った。募金は私が報告を聞いた数年前で30億円に達していた。まさに彼の志に共感する人びとの浄財であった。
日本国憲法の前文に「われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和の裡に生存する権利を有することを確認する。」とある。中村哲さんはこの理念を実践していたのだった。彼は「目の前に困っている人がいれば、誰でもどうしたのですか」と声を掛けるでしょうと言っている。これは日本国憲法の精神である。しかし、その逆を行く人もいる。日本の軍事費は今年5,3兆円に達している。トランプ氏はもっと増額せよと言っている。武力にしか頼れないこういう人たちの心が中村哲さんを銃弾にさらしたのである。私はそう思っている。  
                 

2019年11月3日日曜日

第二回、安保法制違憲訴訟の署名 6982筆 を横浜地裁に提出しました!

2019年10月30日、原告本人・証人尋問の後、署名(紙署名4337筆+ネット署名2645筆=合計6982筆)を横浜地裁に提出しました!! 岡田弁護士をはじめ、東京、山梨、宮崎などから裁判の傍聴に来られていた皆様も提出にご一緒してくださいました。賑やかに署名をお渡しできてよかったです。
引き続き、署名を集めていますので、ご協力お願いいたします。


横浜地裁前で、記念写真! その時の動画はこちらです↓
https://youtu.be/Z-HRgkiI0Jk

事務所で、受領印を押していただきました。


裁判の後、波止場会館で行われた集会の様子です。証人に立たれた皆様から発言の要旨をお聞きしました。良い結果が出ますように★


2019年10月31日木曜日

10月31日横浜地裁に署名提出に向けて準備できました!

たくさんの皆様のご協力ありがとうございます。
明日の署名提出に向けて、署名を束ねました。
どうか、憲法に則った判決が出ますように願いつつ。



2019年10月29日火曜日

10月11日パブリックビューイングのご報告

このたびの台風19号の被害に遭われた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。
被災された皆様が、一日も早く平常の生活に戻ることができますようお祈り申し上げます。

10月11日(金)、2019年度のノーベル平和賞受賞者の発表当日。
台風19号が近づいてきていたので、関係者に連絡して2部の交流会は中止し小規模のパブリックビューイングにいたしました。韓国から尹先生もご参加下さり、これから市民同士がつながり、共に頑張りましょう!と大きな励ましをくださいました。
その後、エチオピアのアビー首相の受賞を皆でお祝いし、これからも、世界平和を願い、今年も憲法9条を守り、活かし、広めるために頑張ろうと皆で決意しました。

------------------

韓国と実行委員会

 私たちが日本国「憲法9条にノーベル平和賞を」の運動を始めてから6年になります。この願いは受賞を期待しつつ、憲法擁護の世論を盛り上げて、戦争のできる国づくりの改憲策動を阻むことを真の狙いとしています。それは同時に、世界から戦争をなくそうという願いも込めています。それ故に多くの方々の賛同があり、協力があるのだと思います
 その賛同と協力は日本の国内だけに限られていません。
 国を挙げて賛意を表したコスタリカは、日本国民とコスタリカ国民にノーベル平和賞をとノーベル委員会へ推薦したほどです。が、かつて日本が侵略し、暴虐の限りを尽してたアジア諸国の人びとの間に広がった賛同の輪は決して忘れられません。
 とりわけ、いち早く賛意を寄せられたのは韓国の国会議員をはじめとする心ある人びとでした。その代表格にあたるのが、尹さんです。

 尹さんはインターネットで私たちの集会のあるのを知ると、韓国から駆けつけてこられます。そして一緒にノーベル平和賞発表リアルタイムの動画を視聴します。今年は先日19号台風上陸前夜の10月11日でした。小田急線が運休になるのを避けて私たちやメディア関係の記者たちは、発表の動画を視ただけで、集会を止めて解散しましたが、尹さんも1~2の記者の短い質問に応じて、早々に都内の宿に引き揚げていきました。
 それでも、尹さんは12月5~6日に韓国で開催の「平和フォーラム」への日本からの参加呼びかけは忘れませんでした。私たちは既に何回韓国の平和集会に参加して来たでしょうか。現地では小森陽一さんの講演を聴いたり、自らレポートもして来ました。みんな日本語に堪能な尹さんの呼びかけに因るものです。こうして、私たちは尹さんを通して、キャンドル革命に成功した韓国の人びとの北東アジアへの平和の意思を知ることが出来ているのです。だから「冬のソナタ」の愛の物語や「道」の白磁文化の物語が忘れられません。この友情を永遠にです。
                                  
  2019年10月23日                  
                                  
     落 合 正 行