憲法9条にノーベル平和賞を

For English http://npp4a9.blogspot.jp   【ネット署名】 詳細一覧はこちらをクリック!

① 世界各国に平和憲法を広めるために、日本国憲法、特に第9条、を保持している日本国民にノーベル平和賞を授与してください。   ➔ http://chn.ge/1bNX7Hb

 世界各国リーダー宛: いかなる理由があろうとも戦争はしないでください。話し合いで平和的に解決してください。 仲裁に努めてください。
➔ https://www.change.org/p/no-war-1

 「国連・平和への権利」要請署名 ➔ https://www.change.org/p/right-to-peace

④ 4野党宛:憲法違反の「安保法制」廃止・安倍政権退陣のため、 衆議院小選挙区での選挙協力への要望書
➔ https://www.change.org/p/be-united-in-good 

 神奈川県でも野党統一候補を:憲法違反の「安保法制」廃止・安倍政権退陣のため、 衆議院小選挙区での選挙協力への要望書 
 https://www.change.org/p/one-kanagawa  署名用紙はこちらからダウンロードできます。

2014年3月28日金曜日

ノーベル平和賞受賞者の推薦と選定 (簡易日本語訳)

ノーベル平和賞受賞者の推薦と選定 (簡易日本語訳)
       (http://www.nobelprize.org/nomination/peace/)  2014.3.7時点

ノーベル平和賞への推薦は、推薦基準を満たすいかなる人によっても提出されることができる。推薦招待状は必要とされない。推薦された人や団体の名前や推薦に関する他の情報は、50年後まで明らかにされることはできない。

2014年ノーベル平和賞への推薦
ノルウェーノーベル委員会は、2014年ノーベル平和賞への278候補を受理した。これらの47は団体である。278は今までの中で最多の候補数である。以前の記録は2013年の259であった。278は今までの中で最多の候補数である。

推薦と選定の過程
ノルウェーノーベル委員会はノーベル平和賞受賞者を選定することに責任を負っている。ノーベル平和賞への推薦は、推薦資格を持ついかなる人によっても提出されることができる。

資格を持つ推薦人
ノーベル財団の規則によると、以下のカテゴリーのうちの一つに当てはまる人によって提出されるならば、推薦は有効であると考えられる。

● 国会議員や閣僚 ● 国際裁判所の裁判官 ● 大学の学長、社会科学・歴史学・哲学・法学・神学の
 名誉教授・教授・准教授、平和研究所や外交政策研究所の所長 ●ノーベル平和賞の受賞者 ●ノーベル平和賞受賞団体の役員 ●ノルウェーノーベル委員会の現または元メンバー ●ノルウェーノーベル委員会の元アドバイザー

候補の基準
ノーベル平和賞にふさわしい候補は、上記の資格を持つ個人たちによって推薦される人や団体である。自分自身への推薦は考慮に入れられない。

ノーベル賞受賞者の選定
ノルウェーノーベル委員会は、ふさわしい候補の選定とノーベル平和賞受賞者の選定に責任を負っている。委員会はスト―ティング(ノルウェー議会)によって任命された5人のメンバーによって構成されている。ノーベル平和賞はノルウェーのオスロで授与され、ノーベル物理、化学、生理・医学、文学、経済学賞が授与されるスウェーデンのストックホルムではない。

どのようにノーベル賞受賞者は選出されるか?
以下は、ノーベル賞受賞者選出に関する過程の簡潔な記述である。

9
ノルウェーノーベル委員会は推薦を受け取る準備をする。これらの推薦は以下の人びとによって提出される。国会・政府・国際裁判所のメンバー、大学の学長、社会科学・歴史・哲学・法学・神学の大学教授、平和研究所・外交問題研究所のリーダー、以前のノーベル平和賞受賞者、ノーベル平和賞受賞団体の役員、ノルウェーノーベル委員会の現・元メンバー、ノルウェーノーベル委員会の前アドバイザー。

2
提出の締め切り。委員会は、各年21日までに消印を押されなければならない推薦に基づいて評価を行う。この日時以降に消印が押され、受け取られた推薦は翌年の討議に入れられる。近年、委員会は、ノーベル平和賞への200近くの異なる推薦を受け取っている。同一の候補に対して多くの推薦文があるので、推薦文の数はこれよりはるかに多い。

23
選抜候補(最終候補?)名簿。委員会は候補者の業績を評価し、選抜候補名簿を準備する。

38
アドバイザー審査。
10
ノーベル賞受賞者が選出される。10月初め、ノーベル委員会は多数決で受賞者を選ぶ。決定は最終で不服申し立ては受け付けられない。ノーベル平和賞受賞者の名前が公表される。

12
ノーベル賞受賞者が賞を受け取る。ノーベル平和賞授賞式が1210日、ノルウェーのオスロで行われる。そこでは、ノーベル賞受賞者が、ノーベルのメダルと賞状、賞金の額を確認する書類から成る、ノーベル賞を受け取る。

推薦は公表されるか?
ノーベル財団の規則は、公的であれ私的であれ、50年間は推薦に関する情報公開を制限している。制限は、賞の授与に関する調査や意見、推薦された人や団体、推薦人についてである。

提出
提出資料
推薦候補の特質が伝えられる多様な書き方を可能にするために、ノルウェーのノーベル賞委員会は、特定の推薦の提出フォームを導入していない。推薦は長い必要はないが、以下の項目をふくまなければならない。

・ 推薦候補の名前
・ なぜ、その個人または組織がノーベル平和賞にふさわしい推薦候補であると推薦人が考えるのか、の説明
・ 推薦人の氏名、肩書き、学術的あるいは専門的所属

提出方法
推薦提出の通常の方法は、Eメールか郵送。
Eメールの宛先:postmaster@nobel.no
・郵送の宛先:The Norwegian Nobel Committee
Henrik Ibsens gate 51
0255 Oslo, NORWAY 

推薦の締め切り
ノーベル委員会は、当該の年の21日までに受け取られた、もしくは消印を押された、推薦に基づき選定を行う。締め切りに間に合わない推薦は通常、翌年の審査に入れられる。ノーベル委員会のメンバーは、締め切り後の初回の委員会の会合の時までに、彼ら自身の推薦を提出することができる。
提出の確認
提出された推薦の受理と有効性を確認する手紙かEメールは、通常、提出締め切りの23カ月の間に送られる。

選定過程
21日の推薦締め切り後の、ノーベル委員会の初回の会合で、委員会の常任の事務局長が、その年の候補名簿を提示する。委員会は、その時、候補名簿に名前を追加することができ、それをもって推薦過程は終わりとなり、個別の候補についての議論が始まる。この最初の批評を踏まえ、委員会はいわゆる選抜候補名簿を作成する。選抜候補名簿とは、より徹底した検討のために選抜された候補の名簿である。選抜名簿は大体、20から30の候補から成っている。

選抜候補名簿上の候補は続いて、ノーベル委員会の常任のアドバイザーたちによって検討される。アドバイザーの組織は、ノーベル研究所の所長と研究部長に加えて、平和賞と関係する領域の幅広い専門知識を持った少数のノルウェーの大学教授たちによって、一般的に構成される。アドバイザーたちは報告を作成するために通常23カ月かける。報告は時々、他のノルウェーや外国の専門家からのものも要求される。

アドバイザーの報告が提示された時、ノーベル委員会は、もっともふさわしい候補についての徹底的な議論に着手する。この過程で大抵、候補についての追加情報や更新情報を追加の専門家、しばしば外国の専門家から得る必要が生じる。決まりとして、委員会は、10月初めの平和賞の公表前の最後の会合になって初めて決定に達する。

委員会は、平和賞受賞者の選定において全会一致に達することを目指している。これが不可能である稀な場合には、選定は多数決によって行われる。

50年秘密規則
委員会自らは、メディアに対しても、候補自身に対しても、推薦された人や団体の名前を公表しない。誰がある年の賞を授与されるかについての予測で、特定の名前が現れることに限って言えば、これは、全くの推測か、推薦の背後にいる人(たち)によって生み出された情報である。ノーベル委員会の推薦データベースにある情報は50年後まで公表されない。

Nomination and Selection of Peace Prize Laureates
A nomination for the Nobel Peace Prize may be submitted by any person who meets the nomination criteria. A letter of invitation to submit is not required. The names of the nominees and other information about the nominations cannot be revealed until 50 years later.
Nominations for the 2014 Nobel Peace Prize
The Norwegian Nobel Committee has received 278 candidates for the Nobel Peace Prize for 2014. 47 of these are organizations. 278 is the highest number of candidates ever. The previous record was 259 from 2013. 278 is the highest number of candidates ever.
From the statutes of the Nobel Foundation:
Proposals received for the award of a prize, and investigations and opinions concerning the award of a prize, may not be divulged. A prize-awarding body may, however, after due consideration in each individual case, permit access to material which formed the basis for the evaluation and decision concerning a prize, for purposes of research in intellectual history. Such permission may not, however, be granted until at least 50 years have elapsed after the date on which the decision in question was made.
Process of Nomination and Selection
The Norwegian Nobel Committee is responsible for selecting the Nobel Peace Prize Laureates. A nomination for the Nobel Peace Prize may be submitted by any persons who are qualified to nominate.
Qualified Nominators
According to the statutes of the Nobel Foundation, a nomination is considered valid if it is submitted by a person who falls within one of the following categories:

Members of national assemblies and governments of states
Members of international courts
University rectors; professors of social sciences, history, philosophy, law and theology; directors of peace research institutes and foreign policy institutes
Persons who have been awarded the Nobel Peace Prize
Board members of organizations that have been awarded the Nobel Peace Prize
Active and former members of the Norwegian Nobel Committee; (proposals by members of the Committee to be submitted no later than at the first meeting of the Committee after February 1)
Former advisers to the Norwegian Nobel Committee )
Candidacy Criteria
The candidates eligible for the Nobel Peace Prize are those persons or organizations nominated by qualified individuals, see above. A nomination for yourself will not be taken into consideration.
Selection of Nobel Laureates
The Norwegian Nobel Committee is responsible for the selection of eligible candidates and the choice of the Nobel Peace Prize Laureates. The Committee is composed of five members appointed by the Storting (Norwegian parliament). The Nobel Peace Prize is awarded in Oslo, Norway, not in Stockholm, Sweden, where the Nobel Prizes in Physics, Chemistry, Physiology or Medicine, Literature and the Economics Prize are awarded.
How Are the Nobel Laureates Selected?
Below is a brief description of the process involved in selecting the Nobel Peace Prize Laureates.
September – The Norwegian Nobel Committee prepares to receive nominations.These nominations will be submitted by members of national assemblies, governments, and international courts of law; university chancellors, professors of social science, history, philosophy, law and theology; leaders of peace research institutes and institutes of foreign affairs; previous Nobel Peace Prize Laureates; board members of organizations that have received the Nobel Peace Prize; present and past members of the Norwegian Nobel Committee; and former advisers of the Norwegian Nobel Institute.
February – Deadline for submission. The Committee bases its assessment on nominations that must be postmarked no later than 1 February each year. Nominations postmarked and received after this date are included in the following year's discussions. In recent years, the Committee has received close to 200 different nominations for different nominations for the Nobel Peace Prize. The number of nominating letters is much higher, as many are for the same candidates.
February-March – Short list. The Committee assesses the candidates' work and prepares a short list.
March-August – Adviser review.
October – Nobel Laureates are chosen. At the beginning of October, the Nobel Committee chooses the Nobel Peace Prize Laureates through a majority vote. The decision is final and without appeal. The names of the Nobel Peace Prize Laureates are then announced.
December – Nobel Laureates receive their prize. The Nobel Peace Prize Award Ceremony takes place on 10 December in Oslo, Norway, where the Nobel Laureates receive their Nobel Prize, which consists of a Nobel Medal and Diploma, and a document confirming the prize amount.
Are the nominations made public?
The statutes of the Nobel Foundation restrict disclosure of information about the nominations, whether publicly or privately, for 50 years. The restriction concerns the nominees and nominators, as well as investigations and opinions related to the award of a prize.
Submission
Submission Documentation
In order to remain open to the various ways in which the qualities of a candidate may be conveyed, the Norwegian Nobel Committee has not introduced a special nomination submission form. The nomination need not be lengthy, but should include:
•  the name of the candidate,
• an explanation of why the individual or organisation is considered by the nominator to be a worthy candidate for the Nobel Peace Prize,
• and the name, title and academic or professional affiliation of the nominator.
Submission Methods
Common ways of submitting nominations are
E-mail: postmaster@nobel.no

or post:

The Norwegian Nobel Committee
Henrik Ibsens gate 51
0255 Oslo, NORWAY
Deadline for Nominations
The Nobel Committee makes its selection on the basis of nominations received or postmarked no later than February 1 of the year in question. Nominations which do not meet the deadline are normally included in the following year's assessment. Members of the Nobel Committee are entitled to submit their own nominations as late as at the first meeting of the Committee after the expiry of the deadline.
Submission Confirmation
A letter or e-mail confirming the receipt and validity of the submitted nomination is normally sent out within a couple of months of the submission deadline.
Selection Process
At the first meeting of the Nobel Committee after the February 1 deadline for nominations, the Committee's Permanent Secretary presents the list of the year's candidates. The Committee may on that occasion add further names to the list, after which the nomination process is closed, and discussion of the particular candidates begins. In the light of this first review, the Committee draws up the so-called short list - i.e. the list of candidates selected for more thorough consideration. The short list typically contains from twenty to thirty candidates.
The candidates on the short list are then considered by the Nobel Institute's permanent advisers. In addition to the Institute's Director and Research Director, the body of advisers generally consists of a small group of Norwegian university professors with broad expertise in subject areas with a bearing on the Peace Prize. The advisers usually have a couple of months in which to draw up their reports. Reports are also occasionally requested from other Norwegian and foreign experts.
When the advisers' reports have been presented, the Nobel Committee embarks on a thorough-going discussion of the most likely candidates. In the process, the need often arises to obtain additional information and updates about candidates from additional experts, often foreign. As a rule, the Committee reaches a decision only at its very last meeting before the announcement of the Prize at the beginning of October.
The Committee seeks to achieve unanimity in its selection of the Peace Prize Laureate. On the rare occasions when this proves impossible, the selection is decided by a simple majority vote.
50 Year Secrecy Rule
The Committee does not itself announce the names of nominees, neither to the media nor to the candidates themselves. In so far as certain names crop up in the advance speculations as to who will be awarded any given year's Prize, this is either sheer guesswork or information put out by the person or persons behind the nomination. Information in the Nobel Committee's nomination database is not made public until after fifty years.


ノーベル平和賞に関する事実 (抜粋) 簡易日本語訳

Martin Luther Kingノーベル平和賞に関する事実 (抜粋)
http://www.nobelprize.org/nobel_prizes/facts/peace/

18951127日、アルフレッド・ノーベルは遺言を書き、彼の財産の最も多くの分け前を一連の賞、つまりノーベル賞に与えた。ノーベルの遺言に書かれているように、一部は、「国家間の友愛、常備軍の廃絶あるいは削減、平和会議の開催や推進のために、最もよく働いた人」に対して与えられた。1901年から2013年のノーベル平和賞についてもっと学びましょう。

ノーベル平和賞の数
1901年以来、94のノーベル平和賞が授与されてきた。以下の19回は授与されなかった。1914-1916191819231924192819321939-194319481955-19561966-19671972年。

なぜ、それらの年に平和賞は授与されなかったのか?ノーベル財団の規則によると、「もし検討されている業績の中に第一段落で示されている重要性をもつものがない場合、賞金は翌年まで取っておかれる。もしその時〔翌年〕も賞が授与されることができないのなら、その額は財団の拘束資金に加えられる。」第一次と第二次世界大戦の間は、ノーベル賞はほとんど授与されなかった。

共有された&共有されていないノーベル平和賞の数〔共同受賞〕
64の平和賞が1受賞者だけに与えられた。
28の平和賞が2受賞者によって共有された〔2/団体の共同受賞〕。
2の平和賞が3受賞者によって共有された〔3/団体の共同受賞〕。1994年のノーベル平和賞はヤセル・アラファト、シモン・ペレス、イツハク・ラビンに。2011年のノーベル平和賞はエレン・ジョンソン・サーリーフレイマ・ボウィタワックル・カルマンに。

なぜか?ノーベル財団の規則によると、「賞金は、賞に値すると考えられる二つの業績の間で等しく分割される。もし報いられる一つの業績が2人か3人の人によって生み出されたなら、賞は彼らに共同で授与される。賞金が3人より多くの間で分割されることはない。」

1人のノーベル平和賞受賞者が賞を辞退した
1973年のノーベル平和賞を米国務長官ヘンリー・キッシンジャーと共同で受賞した、ベトナムの政治家レ・ドゥクは、ノーベル平和賞を辞退した唯一の人物である。彼らは二人ともベトナム和平協定交渉のゆえに賞を授与された。レ・ドゥクは、理由としてベトナムの状況を引きながら、彼はノーベル賞を受賞する立場にはないと言った。
ベトナム戦争(1959-1975年)は、ベトナム民主共和国(北ベトナム)とアメリカが支援したベトナム共和国(南ベトナム)の間で戦われた。南とアメリカ軍は敗北し、北の共産主義政権の下でのベトナム統一と共に戦争は終結した。
死後のノーベル平和賞
死後のノーベル平和賞は一回あり、それは1961年のダグ・ハマーショルドに対してである。1974年以降、ノーベル財団の規則は、ノーベル賞の公表の後に亡くならない限り、賞は死後に与えられることはできないと定めている。1974年より前には、エリク・アクセル・カールフェルトに対しても、死後に与えられた(1931年のノーベル文学賞)。

100年間のノーベル平和賞と推薦
ノーベル平和賞の最初の100年間(1901-2001年)の109の受賞者や団体、4857の推薦された人や団体は、地理的と団体的に以下のように分布させられる。
nomination facts Nobel Peace Prizeノーベル平和賞

ノーベル平和賞の推薦




国際機構   西欧  東欧  北米  ラテン米 アジア アフリカ

ノーベル平和賞を受賞しなかった推薦された個人の例(1901-1950年)
ノーベル平和賞推薦データベースの中の個人についての最も多い3つの問い合わせは、アドルフ・ヒトラー、マハトマ・ガンディー、ヨシフ・スターリンである。

ヨシフ・スターリンは、ソ連の共産党書記長であり(1922-1953年)、第二次世界大戦終結のための彼の努力のゆえに、19451948年にノーベル平和賞に推薦された。

マハトマ・ガンディーは、20世紀における非暴力の最も力強い象徴の一人であり、1937193819391947年、そして最後に19481月の彼の暗殺直前に推薦された。ガンディーは賞を授与されなかったが(死後の授与は規則で許されていない)、ノルウェーノーベル委員会は、ふさわしい存命の候補がいないという理由でその年〔1948年〕は賞を授与しないことに決定した。

アドルフ・ヒトラーは、一回、1939年に推薦された。今日では信じ難く思われるかもしれないが、ナチスの指導者アドルフ・ヒトラーは、スウェーデンの議員、E.G.C.ブラントによって、1939年にノーベル平和賞に推薦された。明らかではあるが、ブラントは推薦が真剣に受け取られるとは、決して意図していなかった。ブラントはどう見ても熱心な反ファシストで、この推薦を当時のスウェーデンの政治論争の風刺的な批判として意図していた。(その時、多くのスウェーデン議員が当時の英首相ネヴィル・チェンバレンをノーベル平和賞に推薦していたが、その推薦をブラントは大いなる懐疑を持って見ていた。)しかしながら、ブラントの風刺的な意図は全くうまく受け取られず、その推薦は193921日付の手紙で素早く却下された。

ノーベル平和賞に推薦されたが授与されなかった他の政治家や国家指導者
チェコスロバキア:トマーシュ・G・マサリク、エドヴァルド・ベネシュ
イギリス:ネヴィル・チェンバレン、アンソニー・イーデン、クレメント・アトリー、ラムゼイ・マクドナルド、ウィンストン・チャーチル
アメリカ:ウィリアム・ハワード・タフト、ウォレン・G・ハーディング、ハーバート・フーヴァー、フランクリン・D・ルーズベルト、ハリー・S・トルーマン、ドワイト・D・アイゼンハワー大統領、
チャールズ・ヒューズ、ジョン・フォスター・ダレス国務長官
フランス:ピエール・マンデス=フランス
西ドイツ:コンラート・アデナウアー
アルゼンチン:フアン&エバ・ペロン
インド:マハトマ・ガンディー、ジャワハルラール・ネルー
フィンランド:ユホ・クスティ・パーシキヴィ
イタリア:ベニート・ムッソリーニ
                                                             
ノーベル平和賞に推薦されたが授与されなかった芸術家
レフ・トルストイ(ロシア作家)、EM・レマルク(ドイツ作家)、パブロ・カザルス(スペイン・カタロニアチェロ奏者、のち指揮者)、ニコライ・リョーリフ

平和の業績によって主に知られているわけではない推薦された人たち
ジョン・メイナード・ケインズ(イギリス経済学者)
ピエール・ド・クーベルタン(フランス教育者・歴史家。国際オリンピック委員会の創設で最も知られる。)
ベーデン=パウエル卿(英国陸軍中将、作家、スカウト運動の創立者)
マリア・モンテッソーリ(誕生から思春期までの子供教育の哲学と方法で最も知られる。彼女の方法は今日でも世界中の公立・私立学校で使われている。)

推薦された王族の人々
ニコライ2世(1901年)、スウェーデンのカール王子(1919年)、ベルギーのアルベール1世(1922年)、エチオピアのハイレ・セラシエ皇帝(1938年)、ギリシャのパウロス1世(1950年)、オランダのウィルヘルミナ女王(1951年)


2014年3月27日木曜日

☆☆ 憲法9条にノーベル平和賞を ☆☆ 2014年度の受賞をめざして一人一人ができること

~世界中の子どもたちを守るため、『戦争しない』憲法9条を世界へ~


2/1時点で推薦資格を持つ方々(13個人・1グループ)がノミネート(推薦)したことを公表してくださっています!
今年の9月から、2015年度として平和賞候補のノミネート(推薦)の受付が開始されます。
年度をまたいでも、推薦人と賛同人の広がりが2014年度の選考過程において、最後まで受賞の後押しになる事を期待し、受付開始から10月のノルウェー・ノーベル平和賞受賞者が発表されるまでの約1か月の間に、出来るだけ多くの推薦状と賛同署名をノルウェー・ノーベル委員会に送ることを願っています!
推薦人と賛同人の輪を世界中に広げ、私たちの平和への願いを届けましょう!

☆☆☆ 日本国憲法 第二章 戦争の放棄 第九条  ☆☆☆
 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。 
② 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。



***2014年度の受賞をめざして一人一人ができること ***

署名する
★大人も子どもも、世界中の人が署名できます。(子どもなどの理由で代筆可 公的な署名ではないので)
★署名方法は2     ◆ネット署名 http://chn.ge/1bNX7Hb      
  (どちらか一つです)    ◆署名用紙(用紙と本紙を一緒にコピーして拡散してください)

2014年度受賞のための参考資料になることを願い、7月末に集約して送る予定です。(以降も継続して送付します)
(署名は年度に関係なく累積し、提出された推薦状の資料の一部として受け取りをお願いしています)


  まわりに広める
★署名を周りの人に呼びかける (ネット署名、署名用紙)
★メディアなどに働きかける(新聞の読者投書欄なども有効です!)


③ 世界中の推薦資格者に署名への賛同、推薦状の送付を依頼する
★署名用紙(日本語・英語共用)を使って世界中の推薦資格をお持ちの推薦資格者に賛同を呼びかける
★推薦資格者の方に推薦状をノーベル委員会に送付依頼する
特に海外の有資格者の方々への働きかけは、憲法9条の輸出の実現になります!

英語での推薦依頼参考文 To spread a pacifist constitution in all the countries of the world, please nominate “the Japanese people” for the Nobel Peace Prize candidate, who have continued maintaining the pacifist constitution, Article 9 in particular, up until present. (日本語訳:世界各国に平和憲法を広めるために、どうか、この尊い平和主義の日本国憲法、特に第9条、を今まで保持している日本国民をノーベル平和賞に推薦してください。)と書けば、誰でも簡単に推薦依頼できます!どんどんご活用ください♪

★推薦資格をお持ちの方は、ぜひ推薦文を書いてノルウェー・ノーベル委員会に送ってください。
お名前を実行委員会で公表しても良い場合は、実行委員会c.npp4a9@gmail.com まで連絡ください。

【推薦資格のある方】 世界各国の国会議員や閣僚国際裁判所の裁判官 大学の学長、社会科学・歴史学・哲学・法学・神学の名誉教授・教授・准教授、平和研究所や外交政策研究所の所長 ノーベル平和賞の受賞者 ノーベル平和賞受賞団体の役員 ノルウェー・ノーベル委員会の現または元メンバーノルウェー・ノーベル委員会の元アドバイザー

(推薦に関する詳細はノルウェー・ノーベル委員会公式HPをご参照ください。 )                http://www.nobelprize.org/nomination/peace/  

◎ノーベル平和賞は同じ理由で、3候補(個人・団体)まで共同受賞でき、賞金は等分されます。

◆◆◆◆ 各国代表者宛に推薦をお願いする署名サイトもあります。 ◆◆◆◆
「徹底した戦争放棄の日本国憲法 第9条の価値を称え、広げるために、70年近く憲法9条を保持している日本国民 をノーベル平和賞候補に推薦してください。」
   ◆署名サイト  http://chn.ge/1dSWvo1

            「憲法9条にノーベル平和賞を」実行委員会 お問い合わせ先 
                                           メール:c.npp4a9@gmail.com  

                                             090-9159-5363 (石垣)