憲法9条にノーベル平和賞を

For English http://npp4a9.blogspot.jp   【ネット署名】 詳細一覧はこちらをクリック!

① 世界各国に平和憲法を広めるために、日本国憲法、特に第9条、を保持している日本国民にノーベル平和賞を授与してください。   ➔ http://chn.ge/1bNX7Hb

 世界各国リーダー宛: いかなる理由があろうとも戦争はしないでください。話し合いで平和的に解決してください。 仲裁に努めてください。
➔ https://www.change.org/p/no-war-1

 「国連・平和への権利」要請署名 ➔ https://www.change.org/p/right-to-peace

④ 4野党本部宛:憲法違反の「安保法制」廃止・安倍政権退陣のため、 衆議院小選挙区での選挙協力への要望書
➔ https://www.change.org/p/be-united-in-good 

 神奈川県でも野党統一候補を:憲法違反の「安保法制」廃止・安倍政権退陣のため、 衆議院小選挙区での選挙協力への要望書 
 https://www.change.org/p/one-kanagawa  署名用紙はこちらからダウンロードできます。

2015年9月13日日曜日

平和への権利国際キャンペーン日本実行委員会からの「安保法案の廃案要請文」

私たち「憲法9条にノーベル平和賞を」実行委員会が応援している

平和への権利国際キャンペーン日本実行委員会からの「安保法案の廃案要請文」です!
(ネット署名⇒ https://www.change.org/p/right-to-peace

文字で読むと、あらためて日本国憲法のすごさがわかります!

「平和憲法を持つ日本は、戦争と軍備の禁止を求めた憲法9条とともに、全世界の国民の平和的生存権を憲法で保障する世界で唯一の国です。」

「国連で平和への権利(平和権・Right to Peace)が審議されているのは、日本国憲法の保障する世界最高水準の平和的生存権に世界が追いつこうとしていることを表しています。」

以下転載です。
---------------------------------------------------------

参議院安保法制特別委員の議員の皆様

安保法案の廃案を強く求めます
―― 集団的自衛権は平和的生存権を侵害します――

 参議院安保法制案特別委員の議員のみなさん、安保法制案の連日の審議ご苦労様です。
 私たちは、平和への権利国際キャンペーン日本実行委員会です。
国連で審議されている平和への権利の国際法典化を目指しています。

平和憲法を持つ日本は、戦争と軍備の禁止を求めた憲法9条とともに、全世界の国民の平和的生存権を憲法で保障する世界で唯一の国です。現在審議されている安保法制案によって認められる集団的自衛権の行使は、憲法9条のみならず、平和的生存権をも侵害します。

日本国憲法前文には、「全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有する」と書かれています。
平和のうちに生存する権利とは、日本の裁判例の中でも、「戦争に巻き込まれない権利」「戦争行為に加担しない権利」として認められてきました

集団的自衛権の行使が認められれば、日本国民は、アメリカの起こした戦争に巻き込まれ、またアメリカの起こす戦争に加担・協力することになります。これでは憲法で保障された日本国民の平和的生存権は侵害されます。また、この平和的生存権は日本国民のみならず、全世界の国民のものでもあります。日本の集団的自衛権に基づく戦闘行為により、被害にあうのは他国の国民です。この点でも、安保法制案は「全世界の国民の権利」である「平和的生存権」を侵害します。

議員のみなさんには、もう一度憲法の平和的生存権の原点に立ち戻って、
安保法制案を廃案にするよう強く求めます。

世界は、個人の権利としての平和権を認める方向にあります。国連で平和への権利(平和権・Right to Peace)が審議されているのは、日本国憲法の保障する世界最高水準の平和的生存権に世界が追いつこうとしていることを表しています。
平和的生存権を侵害する安保法案を成立させることは、このような世界の平和への流れに逆行し、国際社会から厳しく批判されることになることを警告します。

2015年9月13日    平和への権利国際キャンペーン日本実行委員会
      東京都新宿区荒木町20-4-906 日本国際法律家協会内
      電話:03-3225-1020,FAX:03-3225-1025, http://right-to-peace.com/